後頭部のハゲ対策

後頭部がはげてきたらやるべき6つのコト

後頭部がはげてきた!そんな時、みなさんは正しい対策を取れていますか?
後頭部のハゲは対策をするかしないかで、進行の早さが大きく違います。
ある程度のハゲであれば、家庭でできる対策で治ることもあります。

以下にご紹介する対策は、後頭部がはげてきたらやっておきたい、毛髪科学に基づいた正しい対策です。
後頭部がはげてきたと感じたら、できるだけ早くこれらの対策を始めることをお勧めします。


後頭部のハゲ対策、必ずやるべきは育毛剤


後頭部がはげてきた時、1番早く始めておきたい対策はやはり育毛剤です。
育毛剤はここ数年で著しく進化して、昔のように髪の毛に栄養を与えるだけのものではなくなりました。

最新の育毛剤は、はげてきた後頭部の毛母細胞を直接刺激して、発毛を促すことができるようになりました。
また後頭部がはげてくる最大の要因である、ジヒドロテストロンが体内で作られるのを抑えてくれる育毛剤もあります。

ジヒドロテストロンは脱毛ホルモンとも言われていて、成人男性の後頭部がはげる1番の原因と言われているので、これを抑制することはハゲ対策として大きな意味があります。

今の育毛剤の中には、後頭部の毛母細胞を刺激して発毛を促す成分と、ハゲの原因であるジヒドロテストロンが作られるのを抑制する成分の両方が含まれている育毛剤もあります。

その中でも後頭部のハゲ対策としてお勧めなのはイクオス、もしくはチャップアップでしょう。
どちらもハゲ対策に効果がない場合は返金してもらえる保障付きですが、値段が少し安いイクオスから試してみることをお勧めします。

イクオス公式サイトはこちら


チャップアップ公式サイトはこちら




後頭部がはげてきたら…食事対策から始めよう!


筋肉質の体にビルドアップしようと思ったら、ただジムに通って筋トレをするだけではなく、その為に必要な栄養素を考えてバランス良く食事を取ることで、より効率よくビルドアップすることができます。
パーソナルジムで有名なライザップでは、食事の管理も徹底的に行っています。

髪は筋肉と同じくたんぱく質からできていますから、後頭部がはげてきた時の対策も同じように抜け毛防止や発毛に必要な栄養素を考えて食事を作ることが大切になります。
後頭部がはげてきた時に摂るべき栄養素と食べ物は以下になります。

たんぱく質を含む食べ物
鶏肉・豚肉・魚介類・乳製品

亜鉛を多く含む食べ物
カキ・ホヤ貝・カシューナッツ・卵黄・タラバガニ・麦芽・海苔肉・うなぎ

ビタミンB6を多く含む食べ物
にんにく・とうがらし・魚・鶏肉・ピスタチオ・ゴマ・海苔・きな粉

ビタミンEを多く含む食べ物
モロヘイヤ・いわし・赤ピーマン・サウザンドレッシング・オリーブ・明太子・落花生・植物油

髪は90%以上がケラチンタンパクというたんぱく質の一種で構成されています。
肉や魚から吸収されたたんぱく質は、ビタミンB6と亜鉛によってケラチンタンパクへ、そして髪の毛へと作り変えられます。

ビタミンEには血行促進の効果があるので、髪を作るのに必要な成分の運搬には必要不可欠な栄養素です。
たんぱく質、亜鉛、ビタミンB6、ビタミンE、どれも髪を健康に生やす為には必要な栄養素ですが、特に後頭部のはげ対策に良いのは亜鉛です。

亜鉛には、体内にある5αリダクターゼという脱毛の原因となる酵素を阻害してくれる働きがあります。
しかし後頭部のはげ対策になるにも関わらず、亜鉛は現代の大人たちに最も不足している栄養素だと言われています。

普段から亜鉛が不足しているという人がほとんどになるので、亜鉛を意識して摂ることは後頭部のハゲ対策に繋がります。



後頭部がはげてきたら運動しよう!


男性の体内には男性ホルモンと女性ホルモンの両方が存在していますが、後頭部のハゲの原因となっているのは男性ホルモンです。
反対に女性ホルモンには髪の毛の成長を促したり、抜け毛を防止したりするハゲ対策の働きがあります。

つまり女性ホルモンの分泌を促進させることは、後頭部のハゲ対策に繋がります。
女性ホルモンの分泌を促進させる方法にはいくつかありますが、後頭部のハゲ対策という点で最もお勧めなのは運動です。

人間は体を動かしている時に体内で女性ホルモンが活発化するので、週に一回でも運動する時間をもうけることは後頭部のハゲ対策になります。
無理のある激しい運動はストレスの原因にもなり逆効果ですが、リラックスしながら楽しめる程度の運動は後頭部のハゲ対策に効果的です。



後頭部ハゲにイイシャンプー&マッサージ


シャンプーやシャワー後のスカルプマッサージをしてあげることは、後頭部のハゲ対策に非常に効果的です。
朝シャンをするとハゲるという都市伝説がありますが、あれは時間がないあまりに頭皮にシャンプー剤を残したままにしてしまうことからきています。
頭皮にシャンプー剤が残っていると毛穴が汚れで詰まってしまい、後頭部のハゲの原因になってしまいます。

また後頭部のハゲ対策なら、シャンプー剤は合成界面活性剤のものではなく、アミノ酸のシャンプー剤を使うのがお勧めです。
界面活性剤は頭皮への刺激が強すぎますし、洗浄力も必要以上に強いので皮脂を取りすぎてしまいます。

皮脂は多くても後頭部のハゲの原因になりますが、少なすぎるのも頭皮を傷めやすくてよくありません。
頭皮を健康で清潔に保つことは後頭部のハゲ対策の一つですから、シャンプーはアミノ酸のものを選ぶことをお勧めします。

ちなみにアミノ酸シャンプーの見分け方としては、裏面の成分表記で水の次に書いてある成分をチェックしましょう。
ココイル…から始まる成分名かラウロイル…から始まる成分名が書かれているものはアミノ酸シャンプーとなり、後頭部のハゲ対策にいいシャンプーだと言えます。
反対にラウレス硫酸…やラウリル硫酸から始まるものは界面活性剤のシャンプーになるので、ハゲ対策としては避けておくのが無難です。

またシャワー後の頭皮マッサージも、後頭部のハゲ対策に効果的です。
頭皮のマッサージをすると、血行が促進されて血流が良くなります。

血行促進は後頭部のハゲ対策の基本でもありますから、お風呂上がりには頭のマッサージをしてあげましょう。
マッサージの方法や手順はそれほど大きな問題ではないので、指の腹で適当に揉みほぐす程度で問題ありません。

さらに余裕がある男性は、マッサージの際にトニックを後頭部のあたりに塗布してあげることで、さらなる血行促進と細胞の活性化が期待できます。



お酒と煙草と後頭部のハゲ対策


飲酒や喫煙が健康に良くないのは周知の事実ですが、実は後頭部のハゲにも影響を及ぼします。
飲酒によって摂取されるアルコール成分には、後頭部のハゲの1番の原因と言われるジヒドロテストロンの数を増やしてしまう働きが確認されています。
たしなむ程度にお酒を飲むことは特に問題はありませんが、過度の飲酒は後頭部のはげの一因であるジヒドロテストロンを増やしてしまうことになります。

喫煙が体に及ぼす影響もご存知の方が多いでしょうが、煙草に含まれるニコチンは血管を収縮させてしまいます。
後頭部のはげ対策をするのであれば、血行を促進して毛母細胞に栄養分が行き届きやすくしてあげることが重要です。

毛細血管が収縮すると血行促進どころか反対に血の流れが悪くなるため、強く長い髪の毛が成長するために必要な栄養素や酸素が行き届かなくなります。
しかしこれも運動と同じで、ストレスを感じるほどの無理をすると反対にハゲの原因となってしまいます。
ストレスは喫煙や飲酒以上に後頭部のハゲに影響を及ぼすので要注意です。